不動産投資とは!?

低金利や年金の不安など、現在、日本経済が抱えている問題や情勢を考えて、不動産投資を検討されている方もいるのではないでしょうか。不動産投資とは自分の住まいを購入するために物件を購入するということではありません。不動産を購入し、運営して利益を得ることが不動産投資になります。不動産投資で利益を得る方法は大まかに分けて二つあります。それはインカムゲイン方式とキャピタルゲイン方式になります。

インカムゲイン方式とは、不動産物件を購入し部屋を貸して、毎月家賃収入を得る方法になります。私たちの身近なところでは、アパートやマンションが挙げられます。

キャピタルゲイン方式とは、不動産価格が安い時に物件を購入し、景気や需要によって価格が変動した時に売却する方法になります。不動産は土地と一緒に売られていることが多くなっていますが、土地の価格は変動します。街の発展などによって地価が高くなることもあるため、地価が高くなる前に購入して地価が上昇した時に売れば収益を得ることができるでしょう。特に東京都など都会の地域では地価が急上昇することも考えられるため、このキャピタルゲイン方式で利益を得ている方も少なくありません。

日本には投資できるものはたくさんあります。例えば株などです。しかし、何故不動産投資が選ばれているのでしょうか。その理由は、得られるメリットが大きいからです。今回は不動産投資をする際のメリットなどを中心に紹介します。